2006年01月22日

トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル

私は鍼灸師を志す前は、整体師として独立するつもりで
いましたし、そのための学校にも通いました。

なので、トリガーポイント療法やストレッチなどにもとても興味があります。

本当はオステオパシーを習いに、東京の学校に行きたかったんですが、家庭の
事情や金銭的事情により、「国家資格である鍼灸師か柔整師ならいい」という事に
なり、「それなら鍼灸師のほうがいい!」という事になりました(笑)

なぜ鍼灸師かというと、より治療っぽい事ができそうだ、と感じたからでした。
(柔整師の方がいたらスミマセン)


そんなことがあるので、私は結構カイロやオステオパシー、整体などの手技系
に興味があります。

トリガーポイント療法は、鍼灸の経穴とどう関連があるのかも気になり、本書
を買いました。


この本にはトリガーポイントの見つけ方、手技(指圧のようなもの)による、
トリガーポイントの解消の仕方、さらに治療効果を上げるためのストレッチ
のやり方などが書かれています。

本書の親切なところは、主要な筋の一つ一つについて、トリガーポイントの
発生しやすい場所や、治療法、ストレッチの仕方が書かれていることです。

解剖学で筋系が苦手な方には一石二鳥ではないでしょうか(笑)

かなりの数の筋肉について書かれてます。

私もこの本を買ったときは1年生だったので、解剖の試験のときにけっこう
役にたちました。


まずトリガーポイントとは何かがよく分かるし、損傷の生体力学についても
詳しく書かれてます。


また、トリガーポイントに対するハリ療法についても書かれてるんですが、
鍼灸師の目からみて、「へ〜!そんなのもあるんだ〜」って感じです。

とにかく、カラーで見やすい!

これが結構重要です(笑)

トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。